弁護士に相談する前にしておくべきこと

弁護士に相談するからといって、変に身構える必要はありません。初回の相談時間は、通常30分から60分程度です。限られた時間で弁護士に相談するためにも、争点を時系列にして伝えるといよいでしょう。また、なるべく感情的にならず、客観的な事実を淡々と話すことに努めましょう。

弁護士へ初回相談する時に準備するもの

  • 相談カード
  • 身分証明証
  • メモ用紙
  • 初回相談料

弁護士に相談すべきことか?

弁護士に相談したからっといって、簡単に裁判になるわけではありません。特に個人間のトラブルは初回の相談や調停で解決するケースが殆どです。弁護士に相談することは、問題を最小限にする手段としても有効です。

弁護士に相談&依頼の多い案件

弁護士
no.1

離婚や別居

現在、日本の離婚率は30%程度、増加傾向にあります。それに比例して「離婚したい」「別居したい」などの相談が増えているようです。離婚などで争点となるのは、養育費や慰謝料請求などです。

no.2

遺産相続

親族による遺産相続の問題です。故人が残した資産(お金や土地)などの分配についてです。普段は円満な親族でも「遺産相続で仲が悪くなった」ケースが多く見られます。また遺産相続は、借金などの負の遺産もあります。

no.3

交通事故

接触事故や人身事故による賠償金が争点となります。通常、損害保険に入っているので保険会社が賠償金を支払います。しかし保険に入ってなかったり、賠償金額に不服の場合に弁護士などを通して仲介してもらうケースがあります。

no.4

労務問題

会社内でおきる、超過残業や過労死などによる相談するケースです。サービス残業が慢性的になっている企業などが対象となります。内部告発などにより、ブラック企業として烙印を押され、残業代請求の訴訟問題に発展するケースも珍しくはありません。

no.5

パワーハラスメント問題

上司や同僚による、パワハラの問題です。被害者は、パワハラが原因で精神的ストレスをダメージを受けて相談することが多いです。上司からすると叱咤激励のつもりが、相手にとってはストレスの根源でしかありません。

複雑なトラブルは弁護士に相談して解決しよう

弁護士バッジ

弁護士へ依頼するためのポイント

弁護士に相談したからといって、必ずしも依頼する必要はありません。依頼する場合は、事前にどの程度の料金が掛かるかを把握しておきましょう。また依頼した時点で、トラブルの相手に直接会うことは避けましょう。自分で考えて行動せずに、弁護士に相談しながら対応するようにしましょう。

残業代請求なら京都のプロにお任せ!

[PR]
埼玉で好評な弁護士事務所
専門家が数多く在籍中

[PR]
税理士が多数登録中
条件に合った専門家が簡単に検索できる♪

[PR]
交通事故の悩みを大阪の弁護士に相談
専門事務所の情報を要チェック!

[PR]
離婚トラブルを弁護士に相談しよう
プロが親身に対応してくれる!

相続手続きを川越ではじめよう

[PR]
慰謝料請求したいなら注目♪
評判の高い事務所を大公開♪