HOME>Column>綺麗に離婚したいのなら弁護士をつけるのがおすすめ

綺麗に離婚したいのなら弁護士をつけるのがおすすめ

ジャッジガベル

離婚訴訟に必要な費用の目安

離婚すると決めたのはいいものの、費用や準備はどれくらい必要なのでしょうか。法律事務所の料金プランを参考に見てみましょう。まず協議、調停といった手続きを全て自分で行うことができるのであれば費用はほとんどかかりません。けど一連の流れでこれだけはきちんと忘れないようにと、書面に残す場合は弁護士あるいは行政書士を呼んで作成する必要があります。この費用は手数料もいれると約5万〜8万程かかります。本格的な協議離婚(調停申し立てや裁判離婚)となる場合、裁判を行う申請書と当事者を呼び出すための郵券、そしてそれを作成する弁護士費用がかかってきます。これらは全て約15万円程です。そして、慰謝料、親権、養育費、婚姻費用(離婚成立までの生活費)、財産分与の協議が終わった後、獲得した金額から成功報酬と日当、着手金等を弁護士側に支払う事になります。その額は法律事務所によって異なりますが、大体100万円はかかるとみた方がいいでしょう。

割れたハート

家庭裁判所での訴訟の流れ

家庭裁判所で訴訟が行われる場合、調停申し立ての書類を作成し、相手方にも呼び出し通知をします。指定された日にちに裁判官が双方の話聞き、離婚に至った経緯を辿っていきます。必要があれば当事者同士、面会交流をし、弁護士を通じて離婚ついて具体的な内容(金額等)を話し合います。1日で終わることはなく、何日かかかります。判決で離婚が認められ、この時点で慰謝料や婚姻費用も決定します。双方同意し、離婚届にサイン、確認した後、裁判は終わります。その後双方の弁護士同士を通じてコンタクトや、金額の振り込みを確認し、各々法律事務所に報酬を納めて完全に終了です。もし、不服があれば、再度裁判を起こせますが、費用も労力も掛かるため、まずほとんどの方が第一審で調停が終わります。